「雪って楽しい」その言葉を聞きたいあなたに楽しい雪遊びを紹介

雪が降ったらまずしたいことを思い浮かべてみてください。 きっと多くの人が二段重ねの雪だるまと、大きなかまくらのイメージを思い浮かべるでしょう。 最もメジャーで、しかも作っている過程も楽しい! さらに作り終わった後の達成感もあるし、何より見た目もかわいい! まずは定番の雪遊びから攻略していきます。

まずは定番の雪だるま・かまくらづくりで達成感を味わおう

雪が降った次の日、子どもたちはみんな口をそろえて「雪で遊びたい!」と口をそろえて言います。

ニュース番組などでは雪の影響による交通の乱れや、物流への影響などを連日報道している中、家の外では寒さを忘れて雪に大興奮の子どもたちが多くみられるのではないでしょうか。
子どもたちにとって雪が降るというのは冬の最大のイベント。冬にしか見ることのできない雪で遊ぶというのはとてもワクワクするし、どの年代の人でも誰しも、幼いころに経験したことのある感覚だと思います。

しかしお父さん、お母さんの中には、足場の悪い場所で子どもたちだけで遊ばせるのは少し心配…、でもいざ一緒に雪遊びをするとなっても、どうやって遊べば安全に楽しく子どもたちと遊んでいいのかわからない…、など考えている方も少なくないでしょう。
特に首都圏では、北海道や東北、北陸などの地方に比べて多くの水分を含んだ雪が降り、水はけの悪い舗装の道路も多く、ちょっとした危険が点在しているため、雪遊びと言ってもできることが限られてくるのが現状です。
そのような点を踏まえた上でも、子どもたちには楽しく安全に思いっきり雪で遊んでほしいですよね。

では、その親心に応えた雪遊びやそれに伴う注意点とは、一体どういうものなのでしょうか。
このサイトでは、そんなお父さん、お母さん、もちろん子どもたちのために、楽しくて安全で、また自分たちで遊び方を変えて発想力を豊かにするような雪遊びを、定番のものから道具を使わないもの、さらにひと工夫するものまで紹介します。

シンプルだけど、意外と楽しい!想像力と手足を使う「型遊び」

雪かきや、先ほど紹介した雪だるま・かまくら作りには、大きなスコップなどの道具が必要です。 しかし、その道具がしまってある物置が雪でふさがって開けられない! そもそも、そのような雪のための道具なんて用意してない! 道具がなくても、体を使えばいいのです。 子どもたちの想像力を掻き立てる「型遊び」は必見です!

真っ白だからこそできる、工夫が詰まった雪遊び

さて、最後に紹介するのはちょっと工夫を凝らした雪遊びです。 雪だるまもかまくらも作ったし、少し子どもも飽きてきた雰囲気。 しかも大人にとっては、子どもたちと遊ぶのは体力がいるもの…。 しかし、そんなに動かなくてもいいのに子どもたちは目を輝かせて遊んでいる! そんな雪遊びの切り札をぜひマスターしてください。